ほぼ365日の自由帳

【食費節約したい人必見!】ドラッグストアで食費節約できるって知ってた?

f:id:FashionStudy:20180620001631j:plain

 

 


食費節約術ってめちゃくちゃたくさんありますよね。

・1週間分をまとめて買う

・冷凍保存する

・野菜はいつも同じものを買う

ぱっと思いつくだけでもこれだけ出てきます。

実際これをやるだけですごく食費が抑えられるのも事実です。

事実なんですが、正直ストレス溜まりませんか?

根気がある人や食べるものなんて毎日同じでも気にしねぇ!

って人なら別ですが

そんなことを意識しながら買い物をしたり

食事をしても楽しくないし美味しくないですよね。

僕ならご飯は美味しく好きなものを食べたいです!

きっとこれを読んでいるあなたも

数多くの食費節約術を試してきたことでしょう。

しかし、そんなものは楽しく!そして美味しくなければ!

絶対に長続きしません。

そこで今回は

・買うものを減らす

・高いものを買わない

・保存できるものを作る

等の食費節約術ではなく

買うものの“値段それ自体を抑える”

方法をご紹介します。

結論から言ってしまうと「買う場所をスーパーからドラッグストアに変えるだけ」

たったこれだけで食費が大幅節約できます。

 

食費節約したいならドラッグストアで買え!


は?何言ってんの?

と思った人もいるでしょう。
 

やっぱりドラッグストアと聞くと

薬を売っているお店という印象が

非常に強いですよね。

しかし今時のドラッグストアは

薬や化粧品の他に

お菓子や、飲料水、レトルト食品だけではなく

卵や牛乳、冷凍食品まで取り扱っている店舗が多くなってきています。

もはや薬を売っているスーパーって感じです。

そんな薬も売ってるスーパーこと

ドラッグストアなんですが

実はスーパーよりも安く買える商品があるって知ってましたか?

スーパーよりもドラッグストアの方が食品が安い理由


あまり知られていないんですが

実はスーパーで売っている商品よりも

ドラッグストアで売っている商品の方が安かったりします。

スーパーよりも安いって聞くと

粗悪品売ってるんじゃないか、なんて思われがちですが

決してそんなことはありません。

ちゃんと安いのには理由があります。

 

理由その1【大型チェーンだからできる大量仕入れ】

今や全国に勢力を広げる大手ドラッグストアだからこそできる大量仕入

チェーン全体で仕入れてスーパー等の何倍も多く注文することで

単価を大幅に下げます。

 

理由その2【医薬品・化粧品の粗利が大きい】

粗利とは商品の売り上げから原価を引いた利益のことです。

医薬品や化粧品の粗利は30%〜40%程度あるので利幅が大きく

食料品などで大きい利益を出さなくとも

十分な利益が出るというわけなんです。

そのためドラッグストアに置いてある

日用品や食料品はスーパーよりも原価に近い額で売っています。

 

注意点

ここで注意してほしいことがあります。

それは「ドラッグストアの商品“全て”がスーパーより安いわけではない」

ということです。

確かに安い商品は多いですが

全てがそうとは限りません。

しかしスーパーよりも安い商品があることも確かです。

そこをしっかりと把握して

賢くドラッグストアを活用しましょう。

 

まとめ

ドラッグストアの魅力は十分伝わりましたかね。

意外だとは思いますが

スーパーとドラッグストア

この両方を上手く活用すれば

月の食費をググッと抑えられること間違いなしです!

スポンジなんかは百均よりも安く売ってるところもあるらしいので

要チェックです。

新生活が始まって、はや2ヶ月ですが月の食費に

頭を悩ませている方も多いことでしょう。

少しでもそんな方の役に立てたらと思います。

それではより良い節約ライフを!

広告を非表示にする